※メールマガジンで配信したバックナンバーを紹介しています。(2015年4月13日発行)

皆様。こんにちは。

本日はメルマガの発行が大幅に遅れてしまいました・・・ものづくり補助金の申請がいよいよ佳境
に入りまして弊社も少しバタバタとしてきました。
そんな中、本日平成27年当初予算の創業補助金の公募がスタートいたしました。
締め切りまで時間がありませんので、創業補助金の応募を考えている方は、とにもかくにもまずは
最寄りの認定支援機関までご相談くださいませ。認定支援機関って何それ?という方は、まずは
当社の無料相談サービスをご利用いただき、今後の流れについてご相談くださいませ。
今回の創業補助金の詳細については、本日の注目でご紹介いたします。

【今日のラインナップ】—————————————————————–
1. ☆☆本日の注目☆☆ :平成27年度当初予算「創業補助金」
2. ☆☆短期連載☆☆  :ものづくり補助金の採択ポイント~その4
3. ☆☆当社からのお知らせ☆☆
4. ☆☆編集後記☆☆
—————————————————————————————

☆☆本日の注目☆☆
本日4月13日より創業補助金の公募がスタートいたしました。
本事業は、「新たな需要を創造する新商品・サービスを提供する創業者に対して、店舗借入費や
設備費等の創業に要する費用の一部を支援。また、事業承継を契機に既存事業を廃止し、新分野
に挑戦する等の第二創業に対して、人件費や設備費等(廃業登記や法手続費用、在庫処分費等
廃業コストを含む)に要する費用の一部を支援。」することを目的としています。
つまり、これから創業する方、第二創業をする方を対象に補助金を出しますよというものです。
先日、平成26年度補正予算分の公募が行われましたが、今回は平成27年度当初予算分の募集
となります。
予算規模としては8億円と、これまでに比べると大幅に少ない額となっています。締め切りは、
5月8日17時必着となっていますので、実質的には2週間ほどしか時間がありません。
さらに、応募については注意点がございます。対象者は以下の要件になります。(主要なもののみ
記載)
1)平成27年3月2日以降に創業する or した者。
2)産業競争力強化法に基づく認定市区町村における創業であること
この中で特に今回重要なのが2)の産業構想力強化法に基づく認定市区町村における創業である
ことという要件になります。
これはつまり、創業する場所によって創業補助金に応募できる・できないが決まってしまうという
ことになります。
皆様自身の創業予定が該当するのかどうか・・・それは以下のURLからご確認ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/chiiki/sannkakudanntai.pdf

この中に地名があればOK,なければ創業の場所を変更するか、あきらめるかの2択になってしまい
ます。
この点注意して申請書をご準備くださいませ。
また、今回の補助事業期間は平成27年11月15日となっていますので、こちらもご注意ください。

☆☆短期連載☆☆:ものづくり補助金の採択ポイント~その4
前回から「ものづくり補助金の採択ポイント」についてご紹介しています。
前回は事業計画に対するストーリーについてご説明いたしました。
今回はものづくり補助金が想定する「革新性」についてお話をいたします。
ものづくり補助金では以下の中小企業を支援すると明記されています。
「革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を行う中小企業」
ここで「革新的」とはどういうことだとお感じになられるでしょうか。
iPhoneが登場した時のようなこれまでにない最新鋭のテクノロジーが集約された・・・ものを
イメージされるかもしれませんが、そんなものはめったにありません。
しかし、ものづくり補助金には毎年10000件程度採択されています。
ということはものづくり補助金では「革新的」とはいいながら、最新鋭のテクノロジーの開発まで
は期待されていません。
では、具体的に何かといいますと、ものづくり補助金の審査ポイントに記載されている2つの文章
が解決の糸口になります。
・試作品などの開発における「技術的課題が明確」になっているとともに、補助事業の目標に対する
達成度の考え方を明確に設定しているか
・技術的課題の「解決方法が明確かつ妥当」であり、優位性が見込まれるか
こちらは募集要項にも記載されている内容です。
この「技術的課題が明確」と「解決方法が明確かつ妥当」という2つのキーワードが「革新的」な
取組みをアピールするポイントになります。
では、これからをどのように考えていくのか、それはまた次回ご紹介いたします。

☆☆当社からのお知らせ☆☆
当社では、毎週月曜日と水曜日に補助金獲得のためのプチセミナーを開催しています。
今後のプチセミナーでは、「ものづくり補助金」のセミナーとして以下の日程を予定しています。
参加は無料ですので、ものづくり補助金の申請をご検討の方はぜひご参加くださいませ。
場所は、神保町にある弊社オフィスとなります。
4月15日(水)16時~17時 
4月20日(月)18時~19時 
4月22日(水)16時~17時 
4月27日(月)18時~19時 
セミナー詳細の確認・ご予約は以下のURLよりお願いいたします。
https://www.comrade-firm.co.jp/service/consulting-division/hojokin-migiude/kobetusoudan-info/

ご参加いただきました事業者様には、補助金ごとの「申請書チェックシート」という申請書作成時に
書くべきポイントが一覧でわかるチェックシートをプレゼントいたします。
ぜひ、ご参加くださいませ。

☆☆編集後記☆☆
先週の4月10日に神奈川県よろず支援拠点様・川崎信用金庫様主催にて「ものづくり補助金に
採択される申請書のポイント」セミナーの講師を担当いたしました。
20名超の事業者様に向けて申請書作成のノウハウをみっちりとお伝えしてきました。
参加いただいた方からは「採択される申請書のポイントについて、具体的に内容をご説明いただいた
ので、非常に分かり易く大変勉強になった」や「昨年採択された企業の事業計画書を見ることができ
たのが参考になった」など、満足いただくお声を多数いただきました。
もしセミナー講師などのご用命がございましたら、弊社までお問い合わせくださいませ。
また、セミナーの内容が知りたいという方は、先にご紹介いたしましたプチセミナーにご参加ください
ませ。
その他、取り上げてほしい内容や補助金・助成金についてご質問などありましたら編集部までご連絡
ください。本メルマガにて回答させていただきます。
ご連絡は、info@comrade-firm.co.jp まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集】株式会社コムラッドファームジャパン コンサルティング事業部
【発行】株式会社コムラッドファームジャパン
    東京都千代田区神田神保町3-10 神田第三アメレックスビル10F
    URL  :http://www.comrad-firm.co.jp/
Facebook:http://goo.gl/bIW4Xl

【お問い合わせ】
電話:0120-954-527 (受付時間:10:00 ~ 18:00)
メール:info@comrade-firm.co.jp

Copyright(c)株式会社コムラッドファームジャパン All Rights Reserved.
本メールに掲載された内容を許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メルマガは、以下よりご登録いただくことで購読ができます。

The following two tabs change content below.
株式会社コムラッドファームジャパン広報部です。弊社に関する情報を様々な角度から発信させていただきます。セミナー・講演のご依頼、コンサルティングのご相談などは当サイト「お問い合わせページ」よりお願いいたします。

最新記事 by 株式会社コムラッドファームジャパン広報部 (全て見る)