※メールマガジンで配信したバックナンバーを紹介しています。(2015年3月30日発行)

皆様。こんにちは。

平成26年度補正予算創業補助金の締め切りは3月31日となっています。(電子申請の場合は
4月3日まで)公募期間が短く、認定支援機関との調整に時間がかかり間に合わなかったという方
もいるのではないでしょうか。創業補助金は、平成27年度当初予算でも募集が行われます。
募集は4月上旬からスタートする見込みで、期間は3週間とこれまで以上に短くなる予定です。
次回こそ創業補助金の申請をしたいと考えている方は、今から準備をしておかなければ確実に間に
合いませんのでご注意くださいませ。早めの相談、早めの準備を心がけてくださいね!

【今日のラインナップ】—————————————————————–
1. ☆☆本日の注目☆☆ :平成27年度海外ビジネス戦略推進支援事業
2. ☆☆短期連載☆☆  :ものづくり補助金の採択ポイント~その2
3. ☆☆当社からのお知らせ☆☆
4. ☆☆編集後記☆☆
—————————————————————————————

☆☆本日の注目☆☆
昨今、海外展開を検討する中小企業様も増えてまいりました。先日発表されました平成26年中小
企業実態基本調査速報でも海外に子会社、関連会社または事業所を有する法人企業の割合が微増して
いました。(0.2ポイント増加)
本日ご紹介する「平成27年度海外ビジネス戦略推進支援事業」は、まさに海外展開を実施したい
企業様が使える補助事業となっています。
本事業の目的は、海外市場に活路を見出そうとする事業者様の海外展開に向けた戦略策定や販路開拓
につなげるための、F/S(事業化可能性調査)支援やWebサイトの外国語化、物流体制の構築
などを支援することです。
専門家による支援をうけることが必須となりますが、支援をうけたうえで、海外での現地調査やWeb
サイトの構築、物流の構築などにかかる経費の2/3の助成を受けることができます。
具体的には、市場調査費、翻訳・通訳費、旅費、Webサイト構築費用が対象経費となります。
補助金の上限額は160万円(補助率2/3)となっています。
本事業に関する詳細は、以下の中小機構のサイトをご参照くださいませ。
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html

☆☆短期連載☆☆:ものづくり補助金の採択ポイント~その2
前回から「ものづくり補助金の採択ポイント」についてご紹介しています。
ものづくり補助金の審査は書面のみで行われます。したがいまして、皆様が作成する申請書のみで
判断されますので、申請書に伝えるべきことをすべて盛り込まなければいけません。
では、申請書にいったい何を書けばいいのか・・・と思われる方も多数おられると思いますが、
一言でいいますと「事業計画」を書いていくということになります。
「事業計画」の書き方については、これまで本メルマガで解説してきましたので、ぜひバック
ナンバーでご確認ください。→ http://goo.gl/F5o2r1 (URLが長いので短縮URLにしています。)
ものづくり補助金を申請される事業者様は、なにかしら新商品や新サービス開発等これから新しい
取り組みをされることと思います。この新しい取り組みに対する「道筋」になるもの、それが補助金
の申請書ということになります。
ですから、ストーリーが非常に重要になります。過去→現在→未来という時系列も重要になります。
これまでどのような事業をしてきて(過去)、どのような状況にあるのか(現在)、将来どのような
展開を計画しているのか(未来)などをきっちりと明記しなければいけません。
もちろん、その中で新しい取り組みについても、「きっかけ」や具体的に「何をしていくのか」といっ
た内容もまとめていかなければなりません。
そして、何よりこれらの内容を第三者が見てもわかるように書かなければいけません。多くの不採択の
申請書は、書いている人は分かって書いているのでしょうが、第三者の審査員には意味が通じていない
というものが非常に多いです。ですから、申請書を書き終えた後は、ご家族や従業員の方に見てもらう
のもおススメです。
書くポイントなど詳細は今後の連載の中で書いていきますが、まずは大前提として本日お伝えした内容
をしっかりとイメージしていただければと思います。
再度まとめさせていただきますと、重要なポイントは
A,補助金の申請書は新しい取り組みの「道筋」になるものと意識する
B,ストーリーが重要(事業様の過去、現在、未来を意識)
C,第三者が見てもわかるように書く

これらを踏まえて次回はもう少し詳細なポイントについてご説明させていただきます。

☆☆当社からのお知らせ☆☆
当社では、毎週月曜日と水曜日に補助金獲得のためのプチセミナーを開催しています。
今後のプチセミナーでは、「ものづくり補助金」のセミナーとして以下の日程を予定しています。
参加は無料ですので、ものづくり補助金の申請をご検討の方はぜひご参加くださいませ。
場所は、神保町にある弊社オフィスとなります。
4月6日(月)18時~19時 
4月8日(水)16時~17時 
4月13日(月)18時~19時 
4月15日(水)16時~17時 
4月20日(月)18時~19時 
4月22日(水)16時~17時 
4月27日(月)18時~19時 
セミナー詳細の確認・ご予約は以下のURLよりお願いいたします。
https://www.comrade-firm.co.jp/service/consulting-division/hojokin-migiude/kobetusoudan-info/

ご参加いただきました事業者様には、補助金ごとの「申請書チェックシート」という申請書作成時に
書くべきポイントが一覧でわかるチェックシートをプレゼントいたします。
ぜひ、ご参加くださいませ。

☆☆編集後記☆☆
4月10日に神奈川県よろず支援拠点様と川崎信用金庫様が開催する経営相談セミナーで登壇させて
いただくことになりました。テーマは「ものづくり補助金に採択される申請書の作成法」。
ずばり採択されるために必要なポイントをお話しさせていただきます。こちらのセミナーは、川崎
信用金庫様のお客様が対象にはなりますが、同じような話を弊社開催のプチセミナーでもさせていた
だいています。ぜひともプチセミナーもご活用くださいませ。
また、取り上げてほしい内容や補助金・助成金についてご質問などありましたら編集部までご連絡
ください。本メルマガにて回答させていただきます。
ご連絡は、info@comrade-firm.co.jp まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集】株式会社コムラッドファームジャパン コンサルティング事業部
【発行】株式会社コムラッドファームジャパン
    東京都千代田区神田神保町3-10 神田第三アメレックスビル10F
    URL  :http://www.comrad-firm.co.jp/
    Facebook:http://goo.gl/bIW4Xl

【お問い合わせ】
電話:0120-954-527 (受付時間:10:00 ~ 18:00)
メール:info@comrade-firm.co.jp

Copyright(c)株式会社コムラッドファームジャパン All Rights Reserved.
本メールに掲載された内容を許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メルマガは、以下よりご登録いただくことで購読ができます。

The following two tabs change content below.
株式会社コムラッドファームジャパン広報部です。弊社に関する情報を様々な角度から発信させていただきます。セミナー・講演のご依頼、コンサルティングのご相談などは当サイト「お問い合わせページ」よりお願いいたします。

最新記事 by 株式会社コムラッドファームジャパン広報部 (全て見る)