※メールマガジンで配信したバックナンバーを紹介しています。(2015年3月9日発行)

皆様。こんにちは。

3月2日に「創業・第二創業促進補助金」の公募がスタートいたしました。
この補助金は、これから創業する方や第二創業を行う方に対して、その必要な経費の一部を補助
するというものです。毎年実施されてきましたが、今年は対象要件が厳しくなりそもそも応募で
きる方がしぼられています。
しかしながら、要件を満たす方にとってはチャンス到来ですので、ぜひチャレンジしてみては
いかがでしょうか。
興味ある方は、ぜひ☆☆本日の注目☆☆をご覧ください。

【今日のラインナップ】—————————————————————–
1. ☆☆本日の注目☆☆ :創業・第二創業促進補助金の公募がスタートしました。
2. ☆☆短期連載☆☆  :補助金を獲得するための申請書の書き方~その5
3. ☆☆当社からのお知らせ☆☆
4. ☆☆編集後記☆☆
—————————————————————————————

☆☆本日の注目☆☆
3月2日に「創業・第二創業促進補助金」の公募がスタートいたしました。
この補助金は大きく以下の2つの事業内容を対象としています。

創業とは・・・地域の需要や雇用を支える事業や海外市場の獲得を念頭とした事業を日本国内
において興すもの
第二創業とは・すでに事業を営んでいる中小企業者または特定非営利活動法人において後継者が
先代から事業を引き継いだ場合に業態転換や新事業・新分野に進出するもの

上記の取り組みに必要な、人件費(役員報酬はNG)、創業に必要な書類作成経費、店舗等の
借入費、設備費用、試作品作成の原材料費、知的財産権取得の経費、専門家謝金、旅費、広報費
などの経費が対象となります。
そして、これらの経費の3分の2が補助金として申請できます。
(補助金額は100万円~200万円以内。第二創業の場合は要件を満たすと最大800万円)

今回募集される創業補助金の最大の注意点は、応募対象となる資格です。
今回より「平成27年3月2日以前に開業もしくは法人設立した方」は対象となりません。
つまり「平成27年3月2日以降に開業届を出した個人事業主、もしくはこれから開業する方、
法人設立をする方」のみが応募することができます。
昨年までは、創業後1年以内であれば応募できるという要件がありましたら、今年はここが
変更されていますので、応募を考えている方はご注意ください。

なお、弊社では創業補助金を応募したい方向けに個別相談付の少人数セミナーを開催しています。
ご興味ある方は、ぜひ弊社のサイトをご確認ください。
https://www.comrade-firm.co.jp/service/consulting-division/hojokin-migiude/kobetusoudan-info/

☆☆短期連載☆☆:補助金を獲得するための申請書の書き方~その5
補助金申請書の作成には「事業計画」を作らなければならないという話を紹介いたしました。
現在、「事業計画」の策定についてご紹介しており、具体的なステップは以下の通りでした。
1:事業全体の構想を明確にする
2:事業内容を明確にする
3:事業の実現可能性を明確にする
4:事業の数値計画(売上、利益、資金繰りなど)を明確にする
5:事業スケジュールを明確にする

前回は、3「事業の実現可能性を明確にする」について説明いたしましたので、今回は4
「事業の数値計画(売上、利益、資金繰りなど)を明確にする」についてご説明いたします。
ここまでのステップで事業の全体像とその具体的な取り組みは明確になっていますので、ここ
ではそれらの活動を数字に落とし込んでいく作業をしていきます。
いきなりすごい先の数値計画を作れと言われても困ると思いますので、まずは3年間の計画を
作ってみましょう。
今年を計画1年目として2年目、3年目の以下の数字を実際に紙に書き出してみてください。
1 売上
2 売上原価(仕入れなど)
3 売上総利益
4 人件費
5 広告宣伝費
6 家賃
7 その他経費
8 販売管理費
9 営業利益

1の売上を考えるときは、「単価×数量」で考えます。
たとえば1個1000円の商品を何個売るのかということです。将来のことなんてわからない
という方も多いのですが、ここは目標値という考え方で出してみてください。
何事も目標がなくては進んでいきませんので、今年はどれくらい売るのか、来年はどれくらい
売るのか、ここで作った数字を道しるべにしていくというイメージで作りましょう。
2の売上原価は、商品を仕入れたり作ったりするために必要になる費用を書きます。
3は、1の売上から2の売上原価をひいたものになります。これがいわゆる「粗利益」になります。
4~7は、商品を売ったり宣伝したりするために必要な経費を書いていきます。
従業員のお給料や事務所の家賃、チラシを作ったりホームページを作ったりする広告宣言費も
こちらに書いていきます。(項目は適時増やしても大丈夫です。)
そして、それらをすべて足したものが8の販売管理費です。皆様が営業活動をするうえで必要な
費用全体ということになります。
そして、3の売上総利益から8の販売管理を引いたものが9の営業利益。これが本業での儲け
ということになります。
3年分を書き出してみて、利益はどのようになっているでしょうか。当然、ここが黒字になって
いないと会社にはお金が残っていきませんので、いかに黒字にしていけるかというところが
ポイントになります。
数値計画が単なる数字にならず、具体的にどのようにすればその数字を達成することができるの
かを頭に浮かべつつ、まずは3年分作ってみることから挑戦してみてください。

☆☆当社からのお知らせ☆☆
現在、弊社では補助金別に個別相談会付補助金プチセミナーを順次開催しています。
すでに決まっている予定は、以下の通りです。
3月9日(月)
       18時~19時 テーマ:小規模事業者持続化補助金
       19時~20時 テーマ:創業補助金
3月11日(水)
       18時~19時 テーマ:小規模事業者持続化補助金
       19時~20時 テーマ:創業補助金
3月16日(月)
       18時~19時 テーマ:小規模事業者持続化補助金
       19時~20時 テーマ:創業補助金
3月18日(水)
       18時~19時 テーマ:小規模事業者持続化補助金
       19時~20時 テーマ:創業補助金
3月23日(月)
       18時~19時 テーマ:小規模事業者持続化補助金
       19時~20時 テーマ:創業補助金
参加申し込みは、以下URLにて受け付けていますので、興味ある方はご確認の上、お申込み
ください。毎回、4社限定の少人数で実施していますのできめ細かいご対応をさせていただいて
おります。
https://www.comrade-firm.co.jp/service/consulting-division/hojokin-migiude/kobetusoudan-info/
※今後、新たな日程が決まったら再度案内させていただきます。

ご参加いただきました事業者様には、補助金ごとの「申請書チェックシート」という申請書作成時に
書くべきポイントが一覧でわかるチェックシートをプレゼントいたします。
ぜひ、ご参加くださいませ。

☆☆編集後記☆☆
昨日は1月下旬に生まれたわが子のお宮参りに行ってきました。
お宮参りの写真撮影をしたのですが、泣かずにじっとカメラを見つめるわが子を見て、なんだか
大物になる予感を抱いてしまいました。むしろ親の私のほうがカメラを前に自然な表情がとれず
撮り直しが続いてトホホな感じでございました、、、
さて、取り上げてほしい内容や補助金・助成金についてご質問などありましたら編集部までご連絡
ください。本メルマガにて回答させていただきます。
ご連絡は、info@comrade-firm.co.jp まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集】株式会社コムラッドファームジャパン コンサルティング事業部
【発行】株式会社コムラッドファームジャパン
    東京都千代田区神田神保町3-10 神田第三アメレックスビル10F
    URL  :http://www.comrad-firm.co.jp/
    Facebook:http://goo.gl/bIW4Xl

【お問い合わせ】
電話:0120-954-527 (受付時間:10:00 ~ 18:00)
メール:info@comrade-firm.co.jp

Copyright(c)株式会社コムラッドファームジャパン All Rights Reserved.
本メールに掲載された内容を許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メルマガは、以下よりご登録いただくことで購読ができます。

The following two tabs change content below.
株式会社コムラッドファームジャパン広報部です。弊社に関する情報を様々な角度から発信させていただきます。セミナー・講演のご依頼、コンサルティングのご相談などは当サイト「お問い合わせページ」よりお願いいたします。

最新記事 by 株式会社コムラッドファームジャパン広報部 (全て見る)