※メールマガジンで配信したバックナンバーを紹介しています。

皆様。こんにちは。

2月3日の参院本会議にて総額3兆1180億円の2014年度補正予算が
採決され、可決・成立いたしました。
これにより、すでに発表されている中小企業向けの補助事業も行われることが
確定いたしました。今後の流れとしては、各補助事業の受託機関の決定が
行われ、その後公募がスタートする流れとなります。
おそらく2月中には一部の補助金の公募がスタートいたします。
事業推進にうまく補助金を使いたいと考えておられる事業者様は、そろそろ
準備を始めてはいかがでしょうか。

【今日のラインナップ】————————————————————————-
1. ☆☆本日の注目☆☆ :補助金獲得するために必要な準備とは・・・
2. ☆☆短期連載☆☆ :補助金を獲得するための申請書の書き方~その1
3. ☆☆当社からのお知らせ☆☆
4. ☆☆編集後記☆☆
———————————————————————————————————

☆☆本日の注目☆☆
冒頭で、補助金を獲得するために必要な準備を始めてみましょうというお話を
させていただきました。しかしながら、初めて補助金申請をする事業者様に
とっては具体的に何をすればいいのかわからない方も多いと思います。
そこで、今日は「補助金・助成金を獲得するために必要な準備」について紹介
いたします。

まず、本メルマガでも「補助金」と「助成金」という2つの言葉を使って
いますが、それぞれどのような意味の違いがあるかご存知でしょうか。
いずれも「国や地方自治体などから支給される原則返済不要のお金」という
意味では同じものですが、概ね以下のような違いがあります。

◆補助金:採択件数・金額が決まっていて、申請しても必ず給付されると
は限らないもの。審査を経て給付先が決定され、一定の公募期間を設け
場合が多い。
◆助成金:要件を満たし所定の様式で申請すれば原則給付されるもの。
※例外的に助成金と名称がついても審査が必要なものもあります。

上記のように、補助金は申請しても必ず採択されるものではなく、審査があり
選ばれた方しか交付を受けることはできません。
審査は中小企業診断士などの専門家によって行われ、補助金の意図にあった
事業計画であるかどうかが判断されます。
以上のことから、補助金を獲得するためには、まずその補助金がどのような
意図をもったものなのか、またご自身の事業がそれにマッチするのかどうかを
見極める必要があります。
その際に参考になるのが「公募要領」です。
「公募要領」とは、その補助金に応募するための資格やどのような点で審査を
するのかがまとまったものになります。
これから募集がスタートする補助金については、まだ「公募要領」は公表
されていませんが、昨年度の「公募要領」を見ることである程度本年度の参考
にすることができます。
したがいまして、まずは昨年度の「公募要領」をご覧いただき、事業者様が
考える事業が補助金とマッチするかどうかを確認するところから始めてみる
ことをお勧めいたします。
新しい「公募要領」が出ましたら、昨年との変更点はこちらのメルマガにて
ご紹介いたします。

<昨年度の公募要領の参考>
平成25年度補正予算創業補助金 募集要項
http://www.sogyo-tokyo.jp/docs/sogyosokushin_bosyu_youkou.pdf
平成25年度補正中小企業・小規模事業者
ものづくり・商業・サービス革新事業 募集要項
http://www.chuokai-akita.or.jp/25monozukuri/youryou2.pdf

☆☆短期連載☆☆:補助金を獲得するための申請書の書き方~その1
補助金を獲得するためには申請書を作成しなければいけません。
申請書に何を書くのかといいますと、一言でいえば「事業計画」です。
補助金をもらって具体的に何をしたいのか、具体的にどれくらいの売上・利益
が見込めるのか、事業化が見込める可能性は高いのか、とりまく環境は
どのような状態にあるのか、などを誰が読んでもわかる言葉でまとめなければ
いけません。
皆様は、ご自身の会社の「事業計画」というものを書いたことがあるで
しょうか。事業計画は頭の中にあるからわざわざ書かなくてもいい!!という
経営者の方も多いと思いますが、補助金をもらうにはそれではいけません。
補助金というのは、多くが税金で払われるものですので、きっちりとその事業
が補助金を出すに値するものだということをアピールする必要があります。
アピールの手段が「事業計画」ということです。
次回から、具体的な「事業計画」の作り方についてご紹介していきます。
「事業計画」をしっかり作れるようになれば、採択される申請書も作れる
ようになります。がんばりましょう!

☆☆当社からのお知らせ☆☆
本日、当社の新サービス「補助金の右腕」の提供をスタートいたしました。
中小企業の資金調達の手段である補助金・助成金に関する以下のサービスを
提供いたします。

サービス内容
 1:事業者様に役立つ補助金・助成金に関する情報発信
 2:事業者様に最適な補助金・助成金を紹介する無料相談
 3:補助金・助成金の申請書作成支援
 4:申請後の安心サポート

ご興味ある方は、以下のサービスページをぜひご確認ください。
https://www.comrade-firm.co.jp/service/consulting-division/hojokin-migiude/

☆☆編集後記☆☆
本号から毎週月曜日のお昼ごろにメルマガを発行することになりました。
週明けのお昼、ちょっとした休憩時間に読める内容にしていきますので、
お気軽にお読みください。
取り上げてほしい内容や補助金・助成金についてご質問などありましたら
編集部までご連絡ください。本メルマガにて回答させていただきます。
ご連絡は、info@comrade-firm.co.jp まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集】株式会社コムラッドファームジャパン コンサルティング事業部
【発行】株式会社コムラッドファームジャパン
    東京都千代田区神田神保町3-10 神田第三アメレックスビル10F
    URL  :http://www.comrad-firm.co.jp/
    Facebook:http://goo.gl/bIW4Xl

【お問い合わせ】
電話:0120-954-527 (受付時間:10:00 ~ 18:00)
メール:info@comrade-firm.co.jp

Copyright(c)株式会社コムラッドファームジャパン All Rights Reserved.
本メールに掲載された内容を許可なく転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本メルマガは、以下よりご登録いただくことで購読ができます。

The following two tabs change content below.

平阪 靖規

(株)コムラッドファームジャパン 代表取締役、中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、NPO法人YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。2014年10月法人設立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。