こんばんは。
代表取締役社長の平阪です。

本日は久々にアジトで事務作業をする時間がとれました。
昨年末にインフルエンザになり、年末年始は家に閉じこもっていました。
その後体調がすぐれない日が続く中、仕事始めをむかえまして、かなりバタバタと今年のスタートをきってしまいました・・・。
なんとかそのバタバタも落ち着きを取り戻しまして、久々のブログ更新となりました。

今年は弊社としても結果を出していく1年となります。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

さて、先日H26年度補正予算ならびにH27年度本予算が閣議決定されました。
これから公募がスタートされる補助金の内容も盛り込まれていますので、大枠が見えてまいりました。

補正予算では、主に以下のような補助金が予定されています。

——————————————————–
1. ものづくり・商業・サービス革新補助金:予算1,020億円
ものづくり補助金は今年も継続されます。
今回は、共同体で取組む設備投資も対象になるとのことです。

2. 省エネ設備導入補助金:予算930億円
省エネ設備の導入に補助金がでます。工場・オフィス・店舗などの省エネに資する設備の更新・改修にも補助されます。

3. 小規模事業者持続化補助金:予算252億円
昨年、非常に人気の高かった小規模事業者持続化補助金が今年も実施されることになりました。
今年は、複数事業者の連携した取り組み、雇用対策・買い物弱者対策への取り組みは、重点的に支援を行うとのことです。

4. 創業補助金:予算50億円
今年も創業補助金は継続されます。創業費用の2/3が補助されます。

5. ふるさと名物応援事業:予算40億円
こちらは今年初めてのもの。地域資源活用や事業者連携により行う商品・サービスの開発などにかかる費用が補助されます。「ふるさと名物」の販路拡大・地域ブランド化するための取り組みについての補助、地域資源の海外展開などを支援してくれます。

※これらの詳細は以下のPDFをご確認くださいませ。
http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2015/pdf/chushokigyo3.pdf
——————————————————–

今月下旬に国会で可決されますと、補正予算についてはさっそく動きがあるものと思われます。
2月頃には公募がスタートされるものもあると思いますので、もしご興味がありましたら今から準備することをお勧めいたします。

何から手を付けていいのかわからない、こういう取り組みは補助金の対象になるのか、などご質問がありましたら遠慮なく当社までご連絡ください。
相談無料で承ります。

補助金については、2月16日に東京商工会議所(新宿支部)にてセミナーを開催させていただきます。
すでにかなりのお申し込みが来ているということで、補助金に対する興味の高さを肌身で感じております。
セミナーに関する詳細は以下をご確認ください。
http://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-59167.html

The following two tabs change content below.

平阪 靖規

(株)コムラッドファームジャパン 代表取締役、中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、NPO法人YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。2014年10月法人設立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。