改正個人情報保護法の全面施行

コンサルティング事業

平成29年5月30日より改正個人情報保護法が全面施行となります。

これまで小規模事業者(保有する個人情報が5000人以下の企業)は、個人情報保護法の適用除外とされていましたが、5月30日以降は法律の対象となります。
そのため、多くの中小企業・小規模事業者にとって、今回の全面施行は影響が大きく、知らなかったでは済まされない事態も起きかねません。

今一度、自社の個人情報の取り扱いについて見直し、お客様や従業員の個人情報を適切に取り扱っているか、確認することをおススメいたします。

<5つの基本チェック>
1、個人情報を取得する際、何の目的で利用されるか本人に伝わっているか?
2、取得した個人情報を決めた目的以外のことに使っていないか?
3、取得した個人情報を安全に管理しているか?
4、取得した個人情報を無断で他人に渡していないか?
5、「自分の個人情報を開示してほしい」と本人から言われて、断っていないか?
(引用:個人情報保護委員会のWebサイト

違反した場合は、すべての事業者が罰則の対象となりますので、個人情報の取り扱いにはこれまで以上にご注意ください。

詳細は、個人情報保護委員会Webサイトをご覧ください。
【中小企業サポートページ(個人情報保護法)】

関連記事

カテゴリー

アーカイブ