都内産業の活性化に向け、中小企業の競争力強化を図るため、中小企業者等が行う自社の技術・サービスの高度化・高付加価値化に向けた技術開発等の取組を支援する助成金の公募がスタートいたします。

補助金の概要は次のとおりです。
————————————————-
<概要>
自社の技術・サービスの高度化・高付加価値化に向けた技術開発等に要する経費の一部を助成

<対象>
東京都内に本店又は主たる事務所があり、実施場所が都内又は東京都隣接県(神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県)にある、平成29年4月1日現在で、引き続き2年以上事業を営んでいる中小企業者等(会社・個人事業主・組合等)および中小企業者等によって構成されるグループ

<助成対象期間>
平成29年10月1日(日曜日)~平成30年12月31日(月曜日)の間

<申請区分>
ものづくり区分、受託サービス区分の2つ。(製造業および非製造業いずれも申請可能です。)

<助成額・助成率>
 【小規模企業区分】助成上限1,000万円(助成対象経費の3分の2以内)
 【一般区分】助成上限2,000万円(助成対象経費の3分の2以内)

<対象経費>
原材料・副資材費、機械装置・工具器具費、委託・外注加工費、産業財産権出願・導入費、技術指導受入れ費、展示会出展・広告費等

※書類審査の後、10月中旬に面接審査があり、10月下旬に助成対象者決定となる予定です。
————————————————-

以下に該当する企業が応募することができますので、自社の取組みを照らし合わせてご確認ください。
<企業要件>
受注型中小企業であること(簡単に言うと「下請け企業」であること)
 ① 主として発注者の仕様・規格に基づいて、製品・サービスを提供していること
 ② 発注者の製品・サービスの一部を構成(提供)するものであること
 ③ 最終消費者に対して、自己の名において製品・サービスを提供していないこと
<取組要件>
 ① 自社技術の高度化・高付加価値化に向けた技術開発・試作品開発等であること
 ② 自社の提供するサービスの高度化・高付加価値化に向けた技術開発等であること
 ③ 自社における技術的課題の解決があること
 ④ 自社ブランドの最終製品に関する取組みでないこと
 ⑤ 最終消費者に直接提供されるサービスでないこと

例えば以下のような取り組みが対象となっています。
 ・ 薄型化・小型化に向け、加工技術の精度向上を図る取組
 ・ 生産ラインの見直しを図り、短納期化や低コスト化を実現するための取組
 ・ 受発注を可視化するシステムを構築し、顧客対応力を向上させる取組
 ・ 外部の技術指導によるサービス提供能力の向上に向けた取組

申込期限は、平成29年6月26日(月曜日)~平成29年8月4日(金曜日)17時00分〔必着〕

詳細は、東京都中小企業団体中央会の以下のサイトをご覧ください。
【受注型中小企業競争力強化支援事業助成金】のサイト

※弊社では、本補助金・助成金について支援サービスをご用意しています。ご活用いただければ幸いです。

1、まずは無料の相談をしたい場合
お電話(0120-954-527)またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

2、専門家と一緒に事業計画の策定をすすめていきたいと方向け
補助金の申請書の作成を支援いたします。
専門家と一緒に事業計画に必要な内容をブラッシュアップし、補助金採択だけではなくより事業を成功に導くための計画づくりを支援いたします。

The following two tabs change content below.

平阪 靖規

(株)コムラッドファームジャパン 代表取締役、中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、NPO法人YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。2014年10月法人設立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。