Loading

【続報】平成29年度補正予算 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(ものづくり補助金)について

平成29年12月22日に平成30年度予算ならびに平成29年度補正予算が閣議決定され、今後実施される補助金・助成金の内容が見えてきました。

今回の目玉である「ものづくり補助金」についても、これまでよりも詳細な情報が出てきましたので、ご紹介いたします。

予算規模

平成29年度補正予算 1,000億円(10,000者の採択を予定)

事業内容

企業間データ活用型

複数の事業者間で、データ・情報を共有し連携帯として新たな付加価値創造や生産性向上を図るプロジェクトを支援。
補助上限額:1,000万円/者、補助率:2/3以内
※連携帯は10者まで、さらに200万円×連携帯数の金額が補助金に上乗せ(連携帯内で自由に分配可能)

一般型

中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・試作品開発・ 生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。(設備投資は必須)
補助上限:1,000万円、補助率:1/2以内
※今回、一般型は補助率が1/2になった点が大きな変更点です。
※ただし、先端設備等導入計画(仮称)の認定又は経営革新計画の承認を取得して一定の要件を満たす場合は、補助率2/3となります

小規模型

小規模な額で中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・ 試作品開発・ 生産プロセスの改善を支援。
(設備投資を伴わない試作開発等も応募可能)
補助上限:500万円、補助率:小規模事業者2/3以内、その他1/2以内

その他

全ての事業に共通して、専門家を活用する場合は補助上限額が30万円アップ。

大きな変更点としては、補助率が通常2/3から1/2になった点です。
ただし、特例で2/3を認めるということですので、2/3の補助率を目指す場合は、経営革新計画の承認などの準備は早めに進めておいた方がよろしいかと思います。

The following two tabs change content below.

平阪 靖規

(株)コムラッドファームジャパン 代表取締役、中小企業診断士、平阪中小企業診断士事務所代表、NPO法人YTD創業支援センター代表、「中小企業診断士の輪」管理人、TAC中小企業診断士講座講師。 1980年2月生まれ。2012年4月に診断士登録、2013年4月独立。2014年10月法人設立。 ITエンジニアとして約10年サラリーマンを経験し、その後独立。現在は中小企業診断士として、公的機関でのコーディネート業務や中小企業支援に従事。新規事業立上・Webマーケティングが専門。 趣味は登山と新聞切り抜き。

関連記事

  1. 補助金の右腕 【東京都】平成29年度宿泊施設・飲食店・免税店向け『インバウンド…
  2. 補助金の右腕 千葉県助成事業のご案内
  3. 補助金の右腕 平成29年度創業補助金の公募がスタートいたしました。
  4. 補助金の右腕 平成28年度第2次補正予算『小規模事業者持続化補助金』の公募がス…
  5. 小規模事業者持続化補助金の公募が開始されました。(平成26年度補…
  6. 補助金の右腕 【速報】ものづくり補助金の公募がスタートいたしました。
  7. 平成29年度中小企業関係概算要求の内容
  8. 補助金の右腕 平成29年度補正予算が成立いたしました。ものづくり補助金の開始時…
PAGE TOP